Lizzy Backdo 3 Mode Overdrive -Bloody Red x AVX-

Jimmy SAKURAI (ジミー桜井)氏愛用の個体に近づけた限定品のブラッディーレッド

ジミー桜井氏のエフェクターと同スペックの数量限定特別仕様

MY.JIMMYのギタリストジミー桜井氏がステージで使用しているエフェクター、Bloody Redオーバードライブですが、このモデルは実際にジミー桜井氏が使用している個体に近づけたスペックをもつ特別仕様バーションです。

コンデンサにAVXという生産完了してデッドストックとなっているコンデンサを贅沢に使用しています。

歪みエフェクターととても相性の良いコンデンサーです。


このエフェクターをジミー桜井氏にお渡ししました

Jimmy SAKURAI (ジミー桜井)氏愛用のエフェクター、通称ブラッディーレッド。

手渡したのは2015年の12月下旬。

それからいくつかのショウでテスト使用した後、レギュラードライブペダルとして採用されました。


レッド・ツェッペリンのトリビュートバンド"MR.JIMMY"として尚も海外を中心に活動を続けるジミー・ペイジのスピリットを受け継ぐギタリスト"ジミー桜井氏"よりレビューを頂きました!


このペダルはファーストインプレッションでとても扱いやすく、良質な歪みという印象でした。
試奏時は73年製のMarshall 1959につなげたEchoplex EP-3の前段に入れたのでこのペダルのGainレベルは10時程度で充分でした。
3段階のドライブトーンのキャラははっきりと分かりました。
本機のようにトーンキャラがスイッチによってはっきりと分けられるのはプレイヤーが状況によって使い分けが出来るということなのでとても良いと思います。
ドライブトーンに関してですが、このペダルは以前から使用していたペダルよりも断然マイルド感があります。
これはそもそもそのペダルとのキャラの違いもあるわけでどちらが良い悪いということではないでしょうけれど、私が使っていたペダルは悪くはないもののちょっと軽い感じがしました
。 それだけこのペダルが「大人感」をだしているのだと思います。
普段のプレイでドライバーを使う場面は少ないもののショウの内容によっては大型のペダルボードが必用な時もあるので、このペダルは私のボードにレギュラーで組ませて頂き、NAMM SHOW 2016のでのデモ演奏時に使いました。
そのデモ演の終演後に何人かの方がボードの写真を撮られたり、ドライバーやエフェクターに関しての質問を受けたりしました。
ご報告まで。
その後のショウでも曲やパートによって時々ドライブさせていたんですが、とても良かったです。
ギターの生音の芯もちゃんと残っているし、上品なドライブ効果が得られたのでとても気に入りました。
これまで使っていたドライブペダルがあったのですが、これを機に交代させることにしました。

by Jimmy SAKURAI

​ジミー桜井氏の公式ホームページはこちら→MR.JIMMY

 
 
 

Copyright (C) 2020 Lizzy Backdo All Rights Reserved.